1.欠点豆の選別


珈琲豆の味の雑味となる欠点豆を抽出します。

2.手網焙煎

珈琲生豆(300g)をガス直火で手網焙煎する。
焙煎時間は14分間程度(1ハゼ & 2ハゼ)で行っています。
珈琲豆の種類によって、深煎り、中深煎り、浅煎りと分けています。

3.珈琲マメの冷却

焙煎後すぐに扇風機で珈琲豆を冷まします。

5.密閉・冷蔵保存

珈琲豆の保存
焙煎豆の劣化を防ぐ為、密閉瓶に入れ冷蔵保存する。

TOP